フレーバーストーンの寿命はどれくらい?

フレーバーストーンの魅力は焦げ付きにくく、食材がくっつきにくいところにありますから、その分耐久性が高くて長く快適に使えるというのが高く評価されています。

 

使用頻度や使用環境によって寿命の長さは違ってきますが、多くの方が話しているのはだいたい3年くらいで寿命を迎えるという感じですね。

 

市販の安価なフライパンだとだいたい半年くらいで焦げ付き始めて、そこからだましだまし使って1年くらいで買い替えるというのが一般的でしょうか。

 

早いものだと3ヶ月くらいからダメになり始めて、半年に1回は買い替えるという方もいますから、それを考えるとフレーバーストーンは寿命が長いですし、価格以上の価値を提供してくれるということは言えるでしょう。

 

フレーバーストーンのように寿命の長いフライパンを使っていると、焦げ付きや食材がくっつくというイライラも解消されますから、思っている以上に価値を感じると思います。

 

普段から自炊をしていたり家族の料理を作っているのであれば、フライパンを買い替えることでこんなにも気分が変わるんだということをぜひ体験してみて欲しいですね。

 

フレーバーストーンの使い心地は想像している以上にいいものですよ。

寿命を決めるのは自分次第!

フレーバーストーンの寿命は3年ということを書きましたが、あくまでもこれは目安ですから3年持たないということもありますし、3年以上経っても平気で使えるということはあります。

 

フライパンの寿命を決めるのは普段の使い方や手入れをちゃんとしているかで変わってきますから、フレーバーストーンの寿命を短くするのも延ばすのも自分次第というところはありますよ。

 

例えば、フレーバーストーンを使った後にそのまま放置して食事をした後に洗っているという場合、次第にコーティングがはがれていき、焦げ付きやすくなるタイミングが早くなったりします。

 

他にも必要以上に火力を強くしてしまう、洗うときに急激に冷たい水で冷やすなどの行為はコーティングをはがれやすくしてしまうので寿命がどんどん短くなってしまいます。1年以内にフレーバーストーンがダメになる可能性もあるでしょう。

 

でも反対に、しっかりと洗っていて火加減も適切、洗うときにお湯を使ってなるべくフライパンとの温度差を小さくするなど毎日のちょっとした工夫をしていればフレーバーストーンの寿命も3年以上持つようになりますよ。

 

道具を大切に使用していればそれだけ道具はその想いに応えてくれますから、フレーバーストーンを使うときはぜひ日々の小さな積み重ねを大切にしてあげてくださいね。

 

 

>>フレーバーストーン公式通販サイトでコーティングの秘密をチェック! フレーバーストーン公式通販サイト