フライパンを振るコツを教えて!

料理をするようになって一通りの調理方法を学んだら、もっと上達したい!いろんなテクニックを覚えたいって思ったりしますよね。

 

いろんな調理方法がありますが、その中でもやりたくなることナンバーワンなのがフライパンを振りながら食材を混ぜる方法ではないでしょうか。

 

フライパンを振りながらチャーハンを作っていたりすると、それだけで料理のできる人っていうイメージができますし、気分が高まって料理するのも楽しくなったりします。

 

でも、フライパンを振るのってやってみると意外と難しかったりしませんか。慣れてしまえばどってことないですが、チャレンジしたての頃は振った時に食材がこぼれてしまったり、うまくできないなって経験は誰しもが通る道ですよね。

 

そこで、フライパンを振るときのコツについて簡単に紹介しておます。

 

 

フライパンを振るときのコツとしては「上げるのではなく引く」ということを意識しみましょう。

 

食材が宙を舞うイメージを持っているかもしれませんが、上に力が向いてしまうと必要以上に食材が舞ってしまってこぼれてしまう原因になります。そうではなくて、フライパンを引くだけでも食材がちゃんと混ざってくれますから、「上げるではなく引く」をイメージしてみてくださいね。

実際はフライパンを振る必要なし!

フライパンを振って食材を混ぜることができたら、料理ができる感じがしますし、カッコいい感じがしますが、料理を作る上でフライパンを振って食材を混ぜる必要は家庭レベルではありません。

 

中華料理店など本格的な中華鍋を使って料理する場合は、厨房の火力が強いですから常にフライパンを振っていないと焦げてしまったり、焼きムラができてしまうのですね。

 

 

だから、せわしなくフライパンを振っているのですが、家庭で作る料理であればヘラや菜箸で混ぜれば事足りますし、火力も料理店で使うように強くなりですから、フライパンを振って調理する必要はまったくありません。

 

もし焼きムラが気になるようでしたら、熱伝導率が高いフライパンを選ぶようにした方がいいですよ。

 

それで言えばフレーバーストーンシリーズは熱伝導率も高く、まんべんなく火が通るので焼きムラしにくいのが特徴としてあげられます。

 

フレーバーストーンシリーズの唯一の弱点であるフライパンの重さも、持ち上げて振る行為がなければ気にすることがありませんから、無理しなくてもばっちり美味しい料理を作ることができますよ。

 

フライパンを振らなくてもいいから美味しい料理が作りたい!という人はテクニックよりもいいフライパンを買いましょう。

 

>>フレーバーストーンシリーズのラインナップ一覧はコチラ!