フライパンに食材が張り付く…

「フライパンに食材が張り付くようになってきた…」

 

毎日料理をしている人にとってはフライパンの使用頻度も高いので、こういった経験をしている方も多いですよね。どんなものにも寿命がありますから、こういった状況になってしまうのは仕方がないことですが、食材がフライパンに張り付くのは思っていた以上にストレスを感じますよね。

 

フライパンからお皿に食材を移すことができないし、油を使う量は増えるから健康的にもあまりよくないですし、こびりついた食材を落としたり油をたくさん使っているからスポンジもすぐにダメになるし、フライパンに食材が張り付くということだけなのに、そのことが与える影響は意外と大きいのです。

 

だから、思っていた以上にストレスが溜まるのですね。

 

フライパンに食材が張り付くようになってきて、それが気になって嫌なのならそれはフライパンの寿命ですから買い替えることをおすすめします。フライパンを買い替えるだけでそのストレスから解放されるわけですからね。

 

ですが、そこで大事になってくるのが次はどんなフライパンに買い替えるべきかということ。フライパンにはいくつか種類がありますが、選ばれるのは鉄かテフロン加工かのどちらかです。ではどちらを選ぶのが理想的なのでしょうか。

鉄とテフロン加工ならどっちを選ぶべき?

鉄とテフロン加工のどちらかが主流となっているフライパンですが、くっつきにくいとされているのは鉄だとされています。これはプロの料理人や飲食店の多くで鉄のフライパンを使っていることからも優秀な素材であることは言えるでしょう。

 

ただ、家庭用のフライパンとしては鉄はおすすめしません。というのも鉄のフライパンはメンテナンスが大変なのですね。しかも料理を作る前に空焼きをしたり準備も必要になるので、焦げ付きにくさはあるかもしれませんが、それ以外の面で面倒が多いです。

 

プロの腕前でもないのならテフロン加工がされているものの方が面倒がありませんし、コーティングがしっかりしているうちは食材が張り付いたりする心配はありませんから面倒もありません。

 

つまりはコーティングがしっかりしているフライパンを選ぶことができれば食材が張り付いてイライラすることはありませんし、鉄のフライパンのように面倒なメンテナンス作業もないということですね。

 

 

コーティングがしっかりしていて食材が張り付きにくいフライパンならフレーバーストーンシリーズがナンバーワンですし、フレーバーストーンヘルシーグリルなら焼き目をつけることもできるので見た目にも美味しい料理を作ることができますよ。

 

自分に合ったフレーバーストーンシリーズを選んでストレスなく料理を作ってみてくださいね。